導入事例

 

  1. HOME
  2. 導入事例
  3. 若い卒業生を取り込むことに成功!東洋大学ホームカミングデーの新たな試み

若い卒業生を取り込むことに成功!東洋大学ホームカミングデーの新たな試み

 

新型コロナウイルス終息の目途がまだまだ立たない中、さまざまなイベントのオンライン化を検討している大学も少なくないと思います。

そんな中で、初めての試みとなるオンラインホームカミングデーを開催した東洋大学 社会連携推進室の古渡 慎様にお話を伺いました。

プロフィール
東洋大学 社会連携推進室事務室長 古渡 慎様
1987年4月 学校法人東洋大学に入職。財務、教務、内部監査室等の部門を経て、2019年4月より現職に配属となる。

 

2020年度のホームカミングデーを中止や延期ではなく、オンラインでの開催に踏み切った理由や経緯をお聞かせください。

コロナ禍の影響が出た当初は対面とオンラインとの併用で考えていましたが、なかなか好転しない状況に対応していった結果、だんだんとオンラインの比率が増え、オンラインへの完全移行となりました。

今年の父母懇談会や新入生ガイダンスをオンラインで開催した経験など、オンライン化の材料はそろっていたこともあり、学内での反対意見もなく、いつになく協働して進めていくことができました。

オンラインホームカミングデー 特設サイト

 

好評だったコンテンツは何でしたか?

オンラインゼミ交流会です。
普段会えない地方や海外の卒業生にも参加していただき、「初めて参加できてうれしかった」との声もありました。(※特設サイトのエリア別訪問者数でも大阪府からの訪問が4位でした。)

当日に参加できなかった方も含め、卒業生からプレゼントやメッセージをサプライズで贈るなど、先生方も喜んでいました。

オンライン開催となり最初は戸惑いもあったようですが、最終的には「ぜひこういった取り組みを続けていってほしい」と意見をいただきました。

企画コンテンツ一覧

 

各キャンパスの思い出探訪という動画も制作したのですが、516回再生(白山キャンパス編11月12日時点)と、他のコンテンツと比べても好評でした。

駅からキャンパスへ向かっていく動画なのですが、入校規制などでずっとキャンパスに行けていなかったこともあり、かなり評判が良かったです。

 

イベントの告知や集客はどのようにして行いましたか?

メール、Facebook、郵送です。郵送は20万通ほど送ったのでコストはかかりましたが、見てはもらえるので効果はあるのかなと思います。
寄付を募る卒業生向けの冊子も同封していますしね。

若い人も巻き込んでいきたいという狙いでは今後、SNSやインターネットをさらに積極的に利用していきたいです。

 

オンラインホームカミングデー当日を終えてみて、反省点や課題に感じたことはどんなことがありましたか?
また、その改善点はどのようなことが考えられますか?

開催する時間帯をオンラインだからこその視点で考えるべきだったと思います。

例年通り日曜日の午前中から開催したのですが、オンラインホームカミングデー当日の天気がすごく良く、絶好の行楽日和であったこともありリアルタイムの視聴者数に影響してしまいました。

オンラインでは天候等の条件が逆に作用してしまうことが実感できたので、オンラインだからこその良さを発揮するのであれば、多くの人が家に帰ってくる夕方くらいに開催時間を設定するなどの工夫が必要だったと気づかされました。

今年のホームカミングデーに関しては、ターゲットが若い卒業生を中心としたものになったため、今後はさらにターゲット層を広げていきたいです。

 

笑屋に依頼することでどういったことがよかったですか?

作業だけでなく、企画段階から一緒にやっていただけるということに加え、今まで得られなかった視点や発想の展開が良かったです。
笑屋さんの企画力がベースにあったからこそのオンラインゼミ交流会やキャンパス探訪などが生まれたのかなと思います。

時間のない中で新型コロナウイルスによる情勢の変化に対応して、色々な企画の内容を提案していただいて、今まで自分たちが持っていても気付けなかったイベントに活かせる材料などにも気付かせてもらえました。

 

実際にオンラインホームカミングデーやオンライン卒業式を開催してみて、オンラインでイベントを開催することにはどのようなメリットがありましたか?

オンラインでのイベント開催は大学からのメッセージや思いを強く発信していけるものである気がします。

ターゲットは卒業生ですが、卒業生以外にも、例えば大学選びをしている受験生などに向けて魅力を発信できることにも強さがあると思います。同時に学外の方も見ることができるというリスクがあり、発信したものがそのまま大学へのイメージにもなってしまいますし、そこは躊躇するところだと思います。

今回は笑屋さんとの話し合いの中で打ち出していくメッセージがしっかり決まっていたので、オンラインの怖さをプラスに変えて、大学としてのメッセージやイメージを効果的に発信していく手段の1つとして作っていけました。

今までホームカミングデーの中で行なってきた講演会のように全体に対した一方的なコンテンツだけでなく、オンラインゼミ交流会などを取り入れたことで少人数でのやり取りができるものになったと思います。

 

また、元々ホームカミングデーはマンネリで変化が求められていた状況でもあり、既存の層以外の若い卒業生を巻き込んでいきたいという点でもオンラインという形はマッチしていました
ゼミの交流会も画期的で、今までは参加者が固定的なところがあり、新卒を巻き込むなんてありえなかったですし、オンラインホームカミングデーだからこそできたことだと思います。

そういった意味では、オンラインで開催することでゼロからスタートしていけることもメリットです。オンラインで他大学の取り組みに追いついていく、良いチャンスなのかなと思います。

今年は対面の代替としてオンラインで開催しましたが、ゼミ交流会など、リアルにはないオンラインの良さがあるので、代替案としてではなく、これからも対面と合わせてお互いを補完できるような形でやっていければと思います。

 

関連お役立ち資料

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-96-1320

平日 10:00~19:00